セフレ依存の女は確実にいる。愛人関係を切れた女を狙うメリット

ツーショットダイヤルや出会い系サイト、FacebookやTwitterなどには、一定の確率で自分の体(セックス)で生計を立てている様な女が存在する。一般手に言えば売春や愛人で生きている女だ。ネット用語だ割り切りやサポ、定期の関係や大人の関係なんて言葉が使われる。

私は過去に割り切りで出会った事は少なからずだがチラホラとした事がある。最近の割り切りの相場は相当安い。若い女の子でも高くて二万、人妻や熟女になると一万五千くらいで一発ヤレるからな。

しかし、私は何回か割り切りを楽しんだ後は一切これらの売春行為に手を出さなくなった。

何故なら、金を払わなくてもある法則に気付けばセフレなんて無料で作れるからである。今回はその法則を特別に教えよう。

上記のコミュニティー内では、基本的に定期や愛人など長期的なセフレ関係を望んでいる女の子も存在する。もちろん、月極めでお金を支払い代わりにセックスを提供するのだ。時代の流れでずいぶん愛人の定義も軽くなったもんだ。本来の愛人関係はもっと高額での契約で、その子の人生が明るくなる様にあらゆる面からサポートすると言う意味での愛人契約と言う意味があった。

1990年以の援助交際や割り切りブームによりプチ愛人関係と言われる関係が登場してから一気に愛人と言う言葉に重みがなくなった。

しかし、私はこの様な愛人経験のある女に目を付けたのだ。基本的に愛人生活と言うのは長くて3年程度で破綻する。何故なら金持ちはより若い愛人を探し出すからだ。

そうなると、愛人関係を切られた女が出て来る。私はこの様な愛人関係を切られた様な女を徹底的に狙う事に徹しているのだ。

何故なら、彼女達は極度のセフレ依存になっているケースが多い。そして、以前は金の事ばかり考えていた脳内がいつの間にかセックスに対して執着している。

この思考に陥っている女を口説いてタダマンにありつくのだ。確かに人数自体は少ないがその成功率は100%に極めて近い。正に男が頭の中で描く理想のセフレ増が再現されるであろう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ