バリ島出身のヤリマギャルを渋谷でのクラブでナンパした!

クラブなんて何年ぶりだろうか?この日は新入社員を連れて西麻布の焼肉屋に連れて行った。全く最近の若者達は元気が良く、ゆとりなんて全く感じられないアクティブな男女ばかりだ。イケメンも多いし、女子社員もミニスカのギャル!チラチラとパンチラするのはマジで反則だ!

「クラブ行きたい」

突然、イケメンの後輩プログラマーが言った。

俺「クラブか!高いから奢れんぞ!銀座か?」

イケメン「先輩、何言ってんすか?」

やばい!完全におっさんな発言をしてしまう。どうやら踊る方のクラブみたいだな。

正直、クラブは騒がしいからトークも出来ないし、第一リズム感も無くダンスも出来ないから、ノリ気ではなかった。しかし後輩の頼みを断るわけにもいかないので、渋々ついていくことにした。

テクノだか、トランスだかが爆音で流れる。後輩達は皆楽しそうに酒を飲み踊っている。一番可愛いミニスカ女子社員なんで、パンツ丸見え状態で踊り、早速エロ目的の男達に囲まれている。

一人でビールを飲む俺。ぼっちとは正にこの事だろう。

「火持ってますか?」

突然、話しかけられた。振り向くとガチで美女かつ、ハーフなモデルさん?身長は170cmはあるだろうか?胸も凄い。めちゃタイトなピチTシャツがパンパンになるほどのオッパイた。スリムなパンツに伸びる脚も長過ぎ。

一緒にタバコを吸い、何故か彼女は俺に酒を奢ってくれる。

彼女はインドネシアはバリ島の出身のハーフらしく、今は親の都合で日本に来ているらしい。

ナンパでもしてみるか?後輩達は踊り狂ってるし、俺は密かに彼女に耳打ちした。もちろん、ダメもとで。

「君可愛いから、抜け出していい事しない?」

ありえないナンパ手法をあえて使ってみた。なんせ相手はモデルクラスの美女。どうせ断られるなら、当たって砕けろだ。

「嬉しい!誘ってくれるの?何処でも行くよ!今日はパンツも勝負パンツだからね!」

マジかよ!あっさりお持ち帰りで出来ちゃったんですが?しかもこんな子とセックスとかヤバ過ぎるよ。バックとかどう考えても届かなそうだし。

彼女の全裸は美し過ぎた。スレンダーなラインを見た瞬間に勃起してしまい、彼女に笑われる。小さめの乳首に吸い付くと吐息が漏れる。感度も抜群だ。

俺は下半身を確かめる為に、指マンしてみた。濡れ方が尋常ではない。しかも毛が無いのだ。パイパンである?バリ島の女は皆パイパンなのかな?

あえてバックで突いてみたが、やはり届かなかった。恥ずかしいのでアナルを舐めてあげるとビクビクと痙攣。どうやらアナル経験者みたいだ。指を一本、二本入れても抵抗は無し!

ずぶっ!

一気に根元までアナルセックスした。凄まじい声で喘ぐバリ娘。おかしくなっちゃうー!と絶叫して何度もイキまくる彼女。

もちろん、おまんこの方もたっぷりと味わった。久々に嫌々来たクラブだが、これからは後輩を積極的に誘って絶対に再来したいと思う。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ