独身より既婚者の方がツーショットダイヤルはモテる

これは不思議な話なのだが、俺の周りには昔から生粋のテレクラやツーショットダイヤルナンパ師が物凄く多い。勿論、店舗型のテレクラから続いているので今年で20年程度になるだろうか。

まあ、テレクラ店舗は衰退してきているのは明らかなので、今のメインはツーショットダイヤルと言う事になる。

この、ツーショットダイヤルナンパが主流になったのは去年の初めくらいだと思う。丁度スマホユーザーが定着してLINEを殆どの国民が利用する様になって来たタイミングだった。

まあ、この流れは俺た達のカリスマであるツーショットダイヤル究極まとめ管理人のKENJIが前々から予想してた事なので、我々ナンパチームはいち早くツーショットダイヤルの入れ食い恩恵を受ける事が出来た。

そして、驚く現象が起きたのだ。

我々のナンパチームには、独身と既婚者がそれぞれバランス良く入会している。

テレクラや出会い系サイトブームの時は明らかに独身ナンパ師の勝率が高かったのだが、ツーショットダイヤルに主戦場が移ってから明らかに既婚者ナンパ師が有利になって来たのである。

まあ、私は独身なのだが、幸いこのナンパの質の違いに完全に気付いたので他の独身ナンパ師みたいな悲惨な状況にはなっていない。

でもそれでも、やはり独身のオーラが電話で伝わるのか若干だがしっくり来ない部分がある。

では、独身と既婚者のナンパ師達の違いとは何なのかを軽く教えよう。これを具体的に明かす事は流石に出来ない。

ヒントは声のトーンと余裕である。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ