ギャル系の女には二種類の性格が存在するので注意!

ギャルと言えば古くは安室奈美恵がデビューした時のコギャルが原点だと思う。女子高生ブームもこの時だろう。

それ以降、確実にギャル系と呼ばらる女性は一般的に認知されてきた。

AVにしてもそうだ。それまでは精々、女子高生物がチラホラとあったくらい。内容は、とてもでは無いが女子高生に見えない30歳過ぎのババアが出演ししていた。

今ではかなり本格的なギャルやJKジャンルが用意されている。ギャルだったら真っ黒に日焼けして派手なメイクが印象的な黒ギャル、反対に美白路線をひた走る白ギャル。

特に黒ギャルはエロい。あのしゃぶりつきたくなる様な日焼けした肌。一度、黒ギャル専門のデリヘルを読んだことがあるが、素晴らしい体験になった。

それから俺はすっかりギャルの虜になってしまった。

渋谷109に単独で乗り込みストリートナンパしてリアルなギャルと接した事もあった。

そんな生活を1年ほど続けて来て分かった事がある。

それはギャルは今、超二分されていると言うこと。具体的に言うとビッチ、ヤリマンギャルと、真面目、しっかりギャルが存在するのだ。

まず、ヤリマンやビッチギャルだが、やはり渋谷や新宿、池袋などの歓楽街にいる。特徴としては、見た目は確かにギャルなのだが、服装や髪型などが少し汚く、貧乏くさい。

一方、真面目なギャルは大抵手に職を持っているので夕方以降の渋谷や新宿なとに現れる。特徴はビッチ系とは正反対で、ブランド物を身につけ、かなり綺麗な身だしなみだ。

そう、ギャル系の女性達の間でも勝ち組と負け組に分かれ始めたのだ。

もちろん、手っ取り早く抱くならビッチギャルであろう。適当に声を掛けてファミレスでも奢ってやれば簡単に落とせる。

しかし、俺だって勝ち組になりたい。だから真面目なギャルを狙っている。やはり彼女達は社会的ステータスもあるので、なかなか口説くのに時間が掛かる。

しかし、ゲットした時の喜びはとんでもないレベルであろう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ