LINEは出会いを煮詰める場所として使うのが最善なのかもしれない

ここでは散々LINEで出会いやセフレを見つける出会い方について書いてきたが、最近になって少々事情が変わって来ている。どうもネット上でのLINEのID交換への監視が非常に強まって来ているからだ。

簡単に推測すればLINEは上場を控え最終段階の準備に入っているんだと思う。だからLINE上で異性が出会ってトラブルや事件を起こされると非常に上場に支障が出てくる。その様な事が起きないように極めて厳しいID交換に対する規制を行っているのだと思う。

もし、今オープンに誰でも見れる出会い掲示板やSNSなどに自分のLINEIDを載せて出会いを募集したとする。その書き込みを見た人がLINEの運営に通報すれば一瞬でアカウント停止などの措置が取られてしまう。なので事実上、LINEIDをネット上に書き込んで出会いを探すのは不可能に近い状況だ。

しかもLINEは今アカウント規制も非常に厳しい。昔なら一台のスマホで何アカウントもIDを取れたのだが、今は電話番号認証があるので複数アカウントを持つならIDごとにスマホを用意しなければならない。これは極めて非現実的な手法であるから事実上は不可能であろう。

しかし、LINEを使って出会う事は確実に可能である。それは外部の出会いツールを使えば全て解決するからだ。注意点としては出会いを見つける為のツールは会員制である事。誰でも書き込みのやり取りを見れるタイプの掲示板やSNSは論外だ。必ずアカウント制で女の子とのやり取りは完全にマンツーマンである事が最低限の条件だ。

例えば出会い系サイトなんてのはOKである。出会い系サイト上で女の子を見つけて仲良くなったらLINEID交換をすれば良い。これならLINEIDがネット上にオープンになる事はないので完全に規制は回避出来る。

更にTwitterやFacebookでもプライベートメッセージやDMを使えば問題なくID交換が出来る。とにかく第三者に見られない様な場所でLINEIDを交換できれば良い。

最近だとツーショットダイヤルなんかも理想的なID交換の場として利用できる。何せLINEとツーショットは同じ電話と言う使い方も出来るので相性が良い。更にツーショットダイヤルの仕組みは基本的に電話を女の子に転送しているだけなので、電話の内容を録音していないと言うメリットが上げられる。つまり女の子と電話が繋がってしまえば完全な密室状態と言う訳だ。ここでLINEIDを交換できれば最強の出会い規制回避方法となる。

とにかく今のLINEはオープンなネット上では出会い系としての利用価値は無い。もしやってしまった場合は運営から厳しい処罰が下るのだ。だから匿名性が保てるネットコミュニティー内で女の子とLINEIDを交換して、そこから出会いを煮詰めるためにLINEを利用すると言う選択がベストなんだと感じている。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ