セフレ探しするなら地方の女と言うのは間違っている。やはり東京や大阪だろう!

出会い系指南サイトなどで良く目にするのがナンパ師はセフレ探しをする時に東京や大阪などの大都市は避けると言う格言を良く目にする。

何故、地方住みの女を狙うのかといえば恐らくは援助交際や割り切りなどのセミプロ女を出来る限り排除する狙いがあるのだろう。

確かにこの部分は間違っていないとは思うが、私は根本的にはこの地方女狙い理論には反論する立場である。

やはり、手軽にヤレる女を出会い系やツーショットダイヤルなどで探す場合は質より量を重視するべきだと感じている。

地方は東京や大阪に比べて人口が多いだろうか?間違いなく少ないだろ?つまり、地方をセフレや大人の関係目的で探す根本的な判断基準が全く間違っているのだ。

やはり、人口が多い東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、愛知などが理想的なのである。

それに繁華街や歓楽街が盛んな地域は女達自体がエロ慣れしている。つまり、エロい出会いに特化したコミュニティーサイトを利用している確率が高いと言う事だ。

変な理屈で判断しないで欲しい。狙うなら確率論で語るべきだろう。

特に東京や大阪はエロの坩堝である。都会の女はヤリマンでありビッチである確率が桁違いに高い。もちろん本人達がヤリマンと自覚している訳ではない。その街の雰囲気やノリが女達をエロ化させているのである。

手っ取り早くやるなら都会の女を狙って欲しい。どうか、糞出会い指南サイトを参考にしないように。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ