特殊な性癖であればある程ネットの出会いは有利

特殊な性癖を持っている人はある悩みに直面します。パートナーに打ち明ける事も出来ませんし、結婚後にカミングアウトなんかすれば一瞬で離婚の危機に直面することもあります。しかし、特殊な性癖を表面に出せない人にとってはこの問題は切実な悩みです。

例を挙げると、赤ちゃんプレイ、オムツ着用でのスカトロプレイ、ハードなSM、ハードなイメプレ(近親相姦、未亡人、医者と患者)、極度のフェチプレイ(ラバープレイ、前進タトゥーピアス)などなど思いつくだけでもこれだけあります。これらの性癖はとてもじゃないですが一般の人には受け入れられません。百年の恋も冷めるでしょうね。

そんな特殊な性癖を語り合う上で、インターネットは凄まじい役割を補っています。分かりやすい例では、同性愛者の人々のコミュニティーです。現在ゲイやレズビアン専門の出会い系やSNSは非常に盛り上がっているのをご存知でしょうか?絶対数は少ないですが、その書き込みやアクティブさは一般の出会い系サイトやSNSの数百倍と考えてください。

そして、同性愛以外にも特殊な性癖専用のコミュニティーは多数存在します。有名なジャンルではスワッピングパートナー募集、妻を交換してセックスを楽しむ交換プレイ、野外露出や痴漢掲示板などが挙げられます。最後の痴漢掲示板は完全に犯罪行為ですので使ってはいけませんが。

とにかくインターネットは、求めるジャンルがニッチであればあるほど、マニアックでその道の達人がネット上をさ迷っています。

現在では誰もがSNSなどを使って、掲示板やコミュニティーを作れます。

もし、性癖で死ぬほど悩んでいる、なんて人は一度インターネットのディープゾーンを検索してみてはどうでしょうか。検索エンジンはグーグルが一番ですよ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ