割り切りでの出会いは様々なリスクと隣り合わせだ!

「割り切り」と言う言葉が普通に使われる様になったのは、ガラケー時代に爆発的なブームを巻き起こした出会い系サイトが原因である事は間違いない。古くはスタービーチなどの掲示板ブームの始まりがきっかけだったと言える。

この割り切りと言う言葉には別の隠語もあり、「サポート」「神待ち」「大人の関係」などと呼ばれる事も多い。

更に時代を遡って、安室奈美恵がデビューした時のコギャルやルーズソックスブームの時に始まった「女子高生達の援助交際」なんて言葉も割り切りを一般化させた大きなきっかけの一つだろう。

我々男達にとって、この手の売春の隠語が流行る事で得する事は一切無い。それどころか、金が無いと出会い系サイトなどで、まともな女とセックス出来なくなる可能性を高めているので、迷惑以外の何者でもない。

得するのは売春した女と、金なんで捨てるほど持っている金持ち変態エロ親父くらいである。

そもそも、何で出会い系やテレクラ、ツーショットダイヤルなどの異性紹介サービスでは割り切りが蔓延しているのだろう?いや、正確にはここまで蔓延したのはほんの数年間だった。とにかく割り切りは一度経験して楽に金を稼ぐ事を知ってしまった女達のクチコミ効果で一気にその行為を広めて行った。

こうなると、女は手に負えない。しかし、その裏側には割り切りに加担している男がいるのも事実だ。

金を出さないと女を口説ける自信が無いから?金を出してセックスする事が当たり前の考え方になっている?

どちらにせよ、この様な考え方しか出来ない男は一生モテないだろうな。まあ、モテないから出会い系を使ってるんだろうが。

割り切りをしている男達に忠告しよう。正直言って、あなた自身のリスクは相当高まっていると考えるべきだ!具体的に言えば、美人局、個人情報の流出による詐欺やトラブルに巻き込まれる可能性、妊娠詐欺、突如、冤罪事件に巻き込まれる可能性。

少し考えただけでも、これだけのリスクをあなたは既に抱えている。これは、割り切りした人数が多ければ多い程にリスクは増大して行く。

とにかく、出会い系サイトやテレクラなどアンダーグラウンドな出会いの場には、それ相当の爆弾を抱えた強烈な女が潜んでいる事を忘れてはならない。

これらの、リスクと隣り合わせになっても、あなたは割り切り出会いを続けますか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ